« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.23

変奏曲

 最近、ブラームスを聴いています。
 ハイドンの「聖アンソニーのコラール」の主題による変奏曲が素敵です。最近お気に入り。

ブラームス:交響曲第3番、ハイドンの主題による変奏曲(CCCD)
ブリュッセルBRTフィルハーモニー管弦楽団

CD(2003-11-19)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

自分が持ってるのはシカゴ響のなんですが、どうしてもAmazonでみつからないので、まあ、これで。

変奏曲って演奏するのは楽しいと思います。
でもスコアも何も無しでいきなり聴かされると、主題がいったいどう変奏されてるんだかパニックになることもあっていやん、です。
何度も聴いてると分かってくるんですけど(それはそれで楽しい)。
ラストで主題が戻ってくるところが感動的です。

この曲やってみたいなーと思ってたんですが、耳に残る音色から嫌な予感を覚えつつ編成を調べてみたら案の定トロンボーンがない……。
しょんぼりであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.18

三つ子の魂おそるべし

 お盆は帰省してました。
 久々にピアノを弾きました。
 なんとなく、クラシックではなくてジャズを弾いてみたくなり、帰省前日に練習用の楽譜を買って、持って行ったのですが。

 本の言っていることは分かる。
 そのとおりに弾くとものすごくジャズっぽく聞こえるのも分かるし実際うまく弾けた瞬間は自分でそれと分かるし、その瞬間はとても気持ちがいい。

 でも。

 自分に染みついたクラシック的リズム感が邪魔をして、そのジャズのノリが全然持続しない(T_T)
 というか、ほんとにJazzっぽい音色がしたのはほんの数回、しかもどれも一瞬のこと。

 めちゃめちゃ単純な楽譜なのにどうしてこんなに難しいんだー!


 大学時代、吹奏楽団のアンサンブルコンサートででビッグバンドをやったとき、ジャズ研の人に入ってもらったことがあるのですが、その人に「リズムも吹き方もジャズのそれとは全然ちがうんだよね」というような趣旨のことを言われました。
 今になってそれをひしひしと体感しましたですよ……。
 ここまで違うとは思わなんだ。
 身に付いた癖、恐るべし。

 でも、わかるようになっただけ、成長したってことなのかしら。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »