« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.12

Porgy and Bess

結構前に買ったのだけれど、まだ見てなかったDVDを、ようやく見ました。

Porgy & Bess / (Sub)
G. Gershwin

(2001-07-03)
Emd/Emi Classics

あ、でもこれは海外版。私が持ってるのは日本版(字幕付き)です。

舞台でやっているオペラをそのまま録画したものなのかな、と思っていたらそうではなくて、映画のように作り込まれてました(いかにもスタジオ、というのはあるにしても)。ちょうど、ウエストサイドストーリーの映画みたいな感じ。
これはこれで面白いけれど、こういうのを見ると舞台だとどうなるのだろうと興味が湧く。

この物語は、ラストの作り方がいい。ハッピーエンドではなく、しかし希望はあり、だけども見込みがあるのかどうか分からないというエンディングって、いろんな事を想像させられる。

曲はもちろんすばらしい。
ベスと愛し合うようになったポーギーが「俺は車もラバも持ってない、だけど愛する女と歌があってまるで天国のようだ」と歌う「Oh, I got plenty o'nuttin(持ってないものには事欠かないぞ)」が、ラスト近くでポーギーが獄中でサイコロ賭博をやって大勝してたくさんのお土産とともに帰ってきたとき(この時ベスは麻薬の密売人の甘言に乗せられて去ってしまっている)に歌うメロディにもなってたりするのが心憎かったり。
全部は気づけなかったけど、こういう音楽上の仕掛けがあちこちにあるんだろうな。そういえば歌詞上の伏線も多かった。そういうのを見つけるのってけっこう楽しい。また時間をみつけてじっくり見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »